2017年9月19日火曜日

『科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー』

9月3日(旧盆ウンケーの日でしたが…)に
トヨタ自動車と共催で「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー」を開催しました!

このレクチャーはトヨタ自動車の技術者が講師となり、子どもたちに「科学の楽しさ」や「モノづくりのおもしろさ」を伝えるために、全国各地で行っているものです。

昨年に引き続き沖縄では2回となります。
今回のプログラムは「もけいひこうき」!

飛行機が飛ぶ仕組みを講義で学んだあと、プロペラがゴムで回る「もけいひこうき」をつくります。

赤いエプロン姿の講師陣

さぁ、講座のスタートです。
当日は新聞社や放送局の取材も多数!
子どもたちも講師陣も少しだけ緊張してたかな?笑


子どもたちは興味深々


図面やデモ機で仕組みを学んだあとは、グループに分かれて作成の時間です。
丁寧なレクチャーを受けながら、オリジナルの「もけいひこうき」を作ります。





 バランスを確かめながら!


やはり、自分で作成した「もけいひこうき」は実際に飛ばしてみたい!
みんなで飛行実験を行います。
ちゃんと飛ぶのかドキドキです…。




実験のあとは、計測会。
飛行している滞空時間を計ります。


好記録が出るたびに「おぉー!!」という歓声があがります♪
回旋して壁にぶつかったり、観客につっこんだりする飛行機も!笑
「あー…」とか「ひゃー!」という歓声もあがりながら、楽しい計測会となりました。


最後に結果発表!
上位者にはプレゼントもありました♪


よく飛んだ飛行機や思い通りに飛ばなかった飛行機、いろいろでしたが、
「(家で)改良して、もっと飛ぶようにする!」
と探究心をのぞかせてくれた子もいました。
(もちろん、「安全に気をつけて遊んでね!」という講師からの言葉もしっかり聞いていましたよ!)

講座終了後は、アンケートを記入したり、テレビ局の取材に応えたり…!



今回も充実した講座となりました。
参加してくれた子どもたち、講師やコーディネートをしていただいたトヨタ自動車のみなさま、ありがとうございました!

また来年も開催できることを期待して♪







2017年9月12日火曜日

KIFFO大人ワークショップ9月10日

さる9月10日にKIFFO(こども国際映画祭in沖縄)の大人ワークショップが実施されました!

司会進行の育ちゃん。笑顔と明るさで会場の雰囲気を和らげてくれます!

この日参加できなかった大人スタッフもいましたが、それでも多くの大人スタッフが駆けつけてくれました。

 ディレクターの宮平貴子さんによる昨年までのKIFFOの様子や今年度の上映作品の説明がありました。また、「映画とは」「映画祭とは」をスライド資料を使用しながら説明、全体の流れを分かりやすく伝えてくれました。
つづいて、認定キャリア教育コーディネーターの翁長有希さんによるワークショップ。
4名のグループに分かれてまずは自己紹介!順番に紹介していくのですが、2人目の方の紹介の時だけ「一切相槌をうたない・リアクションしない」という条件のもと行いました。。
自己紹介を終えて感想を聞くと「しゃべるのがつらくなる」「話す内容がでてこない」など。会話というのは相手が返事をしてくれたり相槌やうなずきがあると話しやすく、アイディアが生まれる雰囲気になるのだと身をもって実感!

次に各グループで「2030年、日本の社会はどうなっている?」を話し合いました。
今から13年後の未来、一体どうなっているのか。各グループで話し合った内容を発表しました!「う~ん、医療がより発達してる?」「国境がなくなっているんじゃないかな?」様々な意見が出ていて面白かったです。


また、KIFFOこどもスタッフへの接し方として、
1.答えを与えない、待つ!(大人の質問力、うなずき力)
2.考えを尊重する(たとえそれが不正解だとわかっても)
3.失敗をさせる、楽しませる(「失敗」ではなく「未成功」、課題対応力)
この3つを教えてもらいました。なるほど、日頃の生活でもいえることなのでとても勉強になりました。。

ここでランチタイム!KIFFOのワークショップといえば毎年恒例の
 カレーです☆

「カシューナッツと茄子のカレー」優しい味付けで美味しかったです!付け合わせのゴーヤーもGood!おかわりする人が続出してました笑

午後の部は去年、舞台を担当した屋宜さんのお話しからスタート!時折笑いも起きる、いい意味で「ゆるい」感じで大人スタッフも楽しそうに話を聞いていました。

 昨年KIFFOを経験して感じたことや、ボランティアスタッフの大切さを伝えてくれました。

つづいて、Team Spot Jumble(通称TSJ)の皆さんによるワークショップ!
皆さんとても元気よく、「この場を楽しむ」空気が感じられ、会場の温度を上げていきます!


これはアイスブレークの一コマ。まず最初にTSJの皆さんが見本を見せてくれたのですが、テンション高く、やや戸惑っている大人スタッフもいました。

よーい、スタート!!実際始まってみるとさっき戸惑っていた大人スタッフもとても楽しそうにしていました。あちらこちらから笑い声・はしゃぎ声が聞こえます。笑


 会場全体でとても盛り上がっています!

会場の空気が温まったところで、子どもたちの役割ミーティングを模擬体験!
各役割グループに分かれてそれぞれの役割でどんなことがやりたいか話し合ってもらいます。模擬体験といっても本祭で実現したい素敵なアイディアが沢山でてきました!この経験を18日のこどもワークショップで大人スタッフが子どもたちへ行っていただきます。

今回の大人ワークショップは笑顔と笑い声の溢れるワークショップとなりました。
「ゆるく・見守り・楽しむ」大人が楽しんでいると子どもたちはより活き活きするとおもいます。今回で学んだ事を次回のワークショップへ繋げていきたいと思います!

KIFFO2017始動!!

だいぶ報告が遅くなりすいません・・・
今年も若狭公民館でKIFFO(こども国際映画祭in沖縄)開催します!!
早いもので今年で4回目を迎えます。
若狭公民館はプレイベント時から関わっていて、昨年から会場も若狭公民館になりました。

今年度の実行委員会も発足され、既に何度かミーティングを重ねています。
回を増すごとに実行委員会のメンバーの個性豊かに?なってます!


メンバー同士、和気あいあいとしながらアイディアを出し合っています!


本祭のチラシも出来上がりました☆可愛い仕上がりです。
今年の上映作品も面白そうな作品ばかり!!ぜひご来場ください!

第4回KIFFO(こども国際映画祭in沖縄)
~映画はココロの栄養だ!~

前夜祭
2017年11月24日(金)17:30開場 18:00~19:00 
・第1部 60秒動画コンテスト
・第2部 ガザの子どもたちが作った短編映画作品「マリアムのしあわせ」

本祭
2017年
11月25日(土)9:00開場  
11月26日(日)9:00開場

会場:3日間共に若狭公民館3F ホール

お問合せ:(株)ククルビジョン内KIFFO事務局
098‐996‐1456 / 070-5567-6686
KIFFO公式HPはこちらをチェック!

『ワクワクこどもアニメ教室』レポート!

8月16日に若狭公民館 少年教室
「ワクワクこどもアニメ教室」が開催されました!

今回は「赤い風船の旅」に挑戦しました!「赤い風船の旅」とは??15枚の用紙にパラパラマンガの要領で絵を描いていきます。1枚1枚写真を撮って繋げると、赤い風船がいろんなところを旅していく。というもの!
昨年までKIFFO(こども国際映画祭in沖縄)のワークショップで実施されていて子どもたちにとても人気のワークショップでした!今回も当日参加の子も含め17名の参加がありました。
今回、講師を務めていただく真喜屋 力さん(映画監督)

まずは皆でKIFFOで作成された「赤い風船の旅」を鑑賞します!アイディアの参考になったかな?


いよいよ自分だけの「赤い風船の旅」スタート!さっそくペンを走らせる子や、じっくり考える子、それぞれのやり方で作っていきます。

途中、真喜屋さんの作ったショートアニメも上映しました。子どもたちから「すげ~」と声があがりました!



 一度ペンを走らせると、どの子もスラスラスラと描き始めます。子どもの想像力の豊かさに少し羨ましく思いました。笑
知らない子同士でもお互いにペンを交換したりアイディアを話し合ってる姿はよかったです!

色塗りまで済ませたら、次は撮影!シャッターを切る人、作品をめくる人、タイミングを伝える人など、みんなで協力して撮影を行います。

参加した子ども同士で撮影の仕方を教えます。最初戸惑う子もすぐにコツをつかみます!


完成した作品をみんなで鑑賞します!5秒前からみんなでカウントダウンします。5秒前!4,3,2,1!!

真剣に、みんなの作品を観ています!時折笑い声や「おぉ~!!」など歓声があがります☆


沢山時間をかけて書いた作品が動画にするとほんの数秒。「あんなに描いたのに!」と参加した子どもたちも驚きの様子。「いつも見ているアニメはすごい枚数なんだね!」と話していました。


video

完成した作品がこちら!!!
それぞれオリジナリティ溢れる赤い風船の旅になったと思います☆