2017年7月21日金曜日

ゆんたく会 No.5

7月14日のゆんたく会。

この日は、”言葉”に関するゆんたくでした。

いきなりですが、
「沖縄対話」という本をご存知でしょうか?

日本語(共通語)と沖縄語(首里方言)の対訳を並記した上下巻の教科書で、明治13年、沖縄県学務課により編纂・発行されました。

内容をみてみると。。。
「今日ハ    誠ニ   長閑ナ天気デゴザリマス
 チュー ヤ  マクトニ イー テンチ デービル  」

というような例文が記載されていて、日本語と沖縄語を交互に唱和して学んでいたようです。小学校〜師範学校で採用され同化教育の目的で活用されていたそうです。

ゆんたく会の参加者が実際に使ったというわけではありませんが、 話題提供のひとつとして、紹介されていました。


さて、”言葉”つながりで若狭の紹介!笑

沖縄の言葉を表記するときに、よく当て字が使われるそうです。
例えば。。。
若狭公民館の近くには『雪の崎 跡(ユーチヌサチ アト)』という史跡があります。
表記は『雪の崎』と書くのですが、雪の降らない沖縄に雪???
実はこれも当て字だそうです。
「ユーチ」とは沖縄の言葉で小型の斧の意味。
海へ突き出た岬の形が、斧の先に似ていたことから、そう呼ばれていたそうです。
 (※一説によると、岩に当たって砕ける波しぶきが、雪が降っている光景に似ていたという話もあるそうです。)

今はその姿をみることはできない(区画整理などのため爆破)ですが、かつての風景を思い起こさせる絵が公民館の窓口に飾られています! 




 言葉の話題でもうひとつ。
沖縄ならではの笑い話しを紹介していただきました!

80代前後の沖縄の女性には、名前をカマドさんという方が多くいらっしゃいます。
ある日、外国の人たちがおしゃべりしている近くを通りかかったカマドさん。
家に帰るやいなや、「私は有名人になったのかねー!?!?!?」と家族に言います!
「アメリカーが私の名前を呼んでいたさー!」と!

よくよく話しを聞いてみると…
その外国の人たちが「Come on! Come on!」と誰かを呼んでいたのを、
「カマドゥー!カマドゥー!」と呼ばれていると勘違いしたようです!笑

似たような話をいくつか聞いたことがあります。笑
「What time?」を「ワッタームン(意味:自分たちのもの)を聞き間違えて、押し問答した話などなど…笑

全く違う言語なのに、どこか似ているっておもしろいですよね!
それでなんとなく会話が成り立って、漫才をしているかのような掛け合いになる…笑

改めて言葉のおもしろさを感じたゆんたく会でした。


************
「ゆんたく会」
【日時】毎週金曜日 10:00〜12:00
【場所】若狭公民館 第2研修室
【費用】毎回100円(お茶菓子代として)

2017年7月19日水曜日

「広報わかさ No.91」 訂正1

広報わかさNo.91を発行しました♪

早速、間違いを教えてもらいました(--;)

正しくは
8月14日(金)⇒8月14日(月)になります。




合わせて、

7月21日(金)に予定していた「HappyNEPALI めんそーれ沖縄」
が延期になりました。

次回は8月開催予定で動いていて現在日程調整中です。

印刷会社に広報誌を入稿した後に延期が決まり、そのまま刷り上ってしまったのです(^◇^;)





その他にも「間違い」など発見した方がいましたら、教えていただけたら幸いです☆

2017年7月14日金曜日

うみそら上映会in若狭vol.2 @若狭海浜公園

みなさんお待ちかね「うみそら上映会in若狭vol.2」のチラシが完成しました☆

★日時:7月28日(金)19:30~20:30
★場所:若狭海浜公園

今回の上映会は16mmフィルム映写機を回します。カタカタ カタカタ♪
16mmフィルムはビデオカメラの普及で、今では見なくなった珍しい映写機ですよ。

今回は懐かしの名作「赤い風船」を上映するほか、家庭で眠っていた8mmフィルムから、懐かしい沖縄の風景を見れる映像も上映します。知っている人には懐かしく、知らない人には新鮮な映像を、海沿いの公園という絶好のロケーションのもと、皆で楽しみましょう!カタカタ カタカタ♪




赤い風船/Le Ballon Rouge
 赤い風船と1人の少年が織り成す、ハートウォーミングでファンタスティックなドラマが展開します。
・第29回(1956年)アカデミー賞において脚本賞を受賞。
・第9回(1956年)カンヌ国際映画祭において短編パルム・ドールを受賞。




懐かし8mm映像
 シネマ沖縄が収集している8mm映像の中から、沖縄の懐かしい風景が映っているものを上映します。若狭周辺地域が映っている掘り出し映像もあります。



スタッフ募集!  こんな方求む☆

・上映内容にあわせて面白い演出を考えてくれる方

・snsでの情報拡散やチラシ配布など告知を手伝ってくれる方

・会場設営、撤去を手伝ってくれる方

・当日の受付を手伝ってくれる方

・音響、証明、上映などの技術面でサポートしてくれる方

・司会進行が得意な方

・何が出来るか分からないけど面白そう!と思った方





ぜひぜひ!一緒に上映会を盛り上げましょう!
お気軽にご連絡ください!

2017年7月12日水曜日

「ゆんたく会」の様子。No.4

7月7日(金)のゆんたく会。

この日は沖縄の野草の話から始まりました。
最近、島やさいの話題はよく耳にしますが、今回は野草のはなし。

シマアザミやチーパッパ(つわぶき)、キイチゴ、クワノミ、クービ 、…
いろんな名前がでてきました。

私も幼稚園か小学生の頃、学校帰りにキイチゴやクワノミは採って食べていた記憶は
うっっーすらとあるのですが、シマアザミやチーパッパ(つわぶき)は口にしたことがありません…

70代参加者のお話しだと、
クービ(つるぐみ)という木の実もよく食べていたそうです。
                   ※参照画像  クービ(つるぐみ)

シマアザミはトゲを取って、きんぴらにして、
チーパッパは若葉を味噌和えにして食べていたそうです。
今も、JAのファーマーズマーケットなどで売っているそうなのですが…
私は見たことがない…
今度お店に行ったときに探してみようと思いました!



最近、”地物の力”について考えることがあります。
その土地のエネルギーを吸収して、その土地で生きるのに適した養分を蓄えながら育った植物たち。

人がその力を分けてもらい、栄養にして生きていく。
それが免疫力になったり、暑さや寒さに対応できる力になったり…
(沖縄での代表格はゴーヤーですよね!)

地球の恵みを受けながら人は生活してきたし、人の身体もそうできている。
改めて、すごいなぁと思います。
戦後は食料も乏しく、栄養のバランスなどを気にしている余裕はなかったはずですが、
地物の恵みをうまく身体に取り入れていた食生活が沖縄の人の身体を支えていたのかもしれません。
(以前のような健康長寿のイメージが崩れてきている沖縄ですが…  
元々もっていうるはずの”地物の力”を日常の中にもっと取り入れることができたらいいなとも思います)


 余談ですが…
以前クーガ芋(琉球自然薯)の植え付け・料理教室に参加したことがあります。
生産者の方たちは 「(クーガ芋は)今はあまり出回っていないので、これから認知度をあげていきたい」とお話しされていました。
手軽に食べられる日が来るといいですね!
(※クーガ芋(琉球自然薯):沖縄に自生する自然薯の一種で、栄養価が高い。「畑のうなぎ」とも呼ばれているそうです。)


 地物のものを旬の時期に味わうのが、一番栄養があって、おいしいといわれます。
今はスーパーでも通信販売でも、いろんな食材が手に入ります。
新しい食材を楽しむのと同時に、地物のものも意識してみたら、食の楽しみが広がるかもしれませんね♪

そして、これから島やさいと同じように、島の野草の話題もたくさん聞けるようになったら嬉しいなぁ!と思いました。




2017年7月11日火曜日

森の家みんみん宿泊学習「わくわく森の探検隊!」

沖縄県の鳥獣保護区である末吉公園で自然を存分に体感します。
森の指令ゲームや、森で採取した素材から酵母を起こしパン作りをします。
また、夜の観察会では普段見ることのできない生き物にきっと出会えるはず…

★対象★小学4年~6年生(那覇市在住及び在学)
★申込期間★~7月19日まで(抽選)
★定員20名のため抽選とさせていただきます。
 参加の可否については7月21日(午後)電話orメールにてお知らせします。

2017年7月10日月曜日

「うみそら上映会」スタッフ募集!

こんにちは!7月に入り暑い日が続きますね、美味しいものを食べて栄養付けてバテないように過ごしていきたいものです。

そんな暑い夏に「熱い・ホットな」イベントスタッフ募集です!

10月まで若狭海浜公園で月1回、金曜日に開催される「うみそら上映会」
(第1回目の様子はこちら →ブログレポート
「うみそら上映会」では一緒に上映会を盛り上げてくれるスタッフを大募集しています!

6月30日に行われた第1回目の「うみそら上映会」は約100名の来場があり、子ども連れの親御さんや散歩をしている方など沢山いらして大盛況でした! 
今後も多くの方に楽しんでもらい・自分達も楽しもう!と、現在30代のメンバーが中心となって面白く・楽しい上映会を企画・運営をしております。
まだまだ多くのアイディア・人手が必要です。
例えば・・・

・上映内容にあわせて面白い演出を考えてくれる方
・SNSでの情報拡散やチラシ配布など告知を手伝ってくれる方
・会場設営、撤去を手伝ってくれる方
・当日の受付を手伝ってくれる方
・音響、照明、上映等の技術面でサポートしてくれる方
・司会進行が得意な方

などなど、役割はいくらでもあります!
お仕事や学校など、それぞれお忙しいと思いますので、無理なく楽しく関われる範囲内で構いません!
少しでも興味がありましたら若狭公民館までご連絡ください!
どうぞよろしくお願いします!





***********
今後のスケジュール
上映会スタッフミーティング
 7月19日(水)19:00~ 若狭公民館第2研修室

うみそら上映会日程
 7/28、8/25、9/29、10/20 月1回各金曜日
時間:19:30~20:30
会場:若狭海浜公園(雨天時 若狭公民館第1研修室)

【連絡先】若狭公民館 
電話:098-917-3446
Mail:info@cs-wakasa.com

『うみそら上映会vol.1』が開催されました!

さる6月30日に『うみそら上映会vol.1』が若狭海浜公園で開催されました!
当日は朝から雨・・・公民館職員で屋内で実施するよう話を進めていると晴れ間が見えてきてお昼頃には晴天に!
ぎりぎりまでヒヤヒヤしましたが、なんとか野外で上映することができました。




公園で上映するにあたって、スクリーンはなんと手作り!知恵を絞って日用品を組み合わせて作製してあります。


受付を開始するとぞろぞろと人が集まりだしました。
天気の心配もあったのでホッと一安心。。

 
今日上映される「わたしの宝もの」の監督の宮平監督。
今年も若狭公民館で開催される「KiFFO(こども国際映画祭in沖縄)」についてもお話しいただきます!



 
親子連れの方、友達と来た方、ご近所の方、たまたま散歩で来た方など幅広い世代の方々がご参加していただけました!
かき氷やジュース、お菓子、アウトドア用のイスなど、みなさん上映会を楽しむアイテムを持参されていました。笑

上映会発起人の金城さん
今回、うみそら上映会を開催するにあたって、そのきっかけとなった人物である金城健太郎さんに挨拶をお願いしました。
金城さんは若狭地域で幼少時代を過ごし、印象深い一番の思い出は、毎年夏休みになると近所の小さな公園で行われていたアニメなどの上映会だそうです。
しかし、大人になってその話しを友達にしても知っている人がおらず、「自分が見た上映会はなんだったんだろう?」と思っていたそうです。
若狭地域の集まりでその話しをした所、「おもしろそう!」と盛り上がり、公民館講座で開催する運びになりました。

 
まず、宮平貴子さんによるKIFFO(こども国際映画祭in沖縄)の取り組みをご紹介いただきました。
KIFFOは今年の11月に若狭公民館を会場として開催されるのでこちらのイベントも目が離せません!


さぁおまちかね、「わたしの宝もの」の上映スタートです!!
 
 
それまでのにぎやかな雰囲気とは一変、上映が始まるとみなさん作品の世界に引き込まれています。
サンセットの空と海、そんな中での上映会はロケーションばっちり!
とっても素敵な光景でした。


上映終了後には主演の黒木裕子さんと宮平監督のミニトークショーもありました!
 

 
最後に集合写真をパチリッ!
こうして「うみそら上映会 vol.1」は無事に終了しました。
「うみそら上映会」は10月まで月に1回、金曜日に開催予定です。
毎回色々な映画や映像を上映していこうと思います。
ぜひ、ご家族、お友達お誘いあわせの上ご来場ください!

*******************
今後のスケジュール
日程:7/28、8/25、9/29、10/20(すべて金曜日)
時間:19:30~20:30
会場:若狭海浜公園(雨天時 若狭公民館第1研修室)
問合わせ:若狭公民館 098-917-3446




(小)