2017年4月27日木曜日

地域でしゃべり場 若狭小学校区

 去る4月20日木曜日。

 若狭公民館地域連携事業/NPO法人地域サポートわかさ10周年記念事業「地域でしゃべり場 若狭小学校区」を開催しました。
主催者あいさつ


 若狭小学校区に関わりのある団体・個人/地域防災及び防犯に関心のある方/まちづくりに関わる方々にお集まりいただきました。


 今回のテーマはこちら!「地域防災・防犯について考える~災害・犯罪に強い地域づくりをすすめるために~」を円卓会議形式で行いました。沢山の方が来場して関心の高さが伺えました。嬉しいですね。

 本日の着席者紹介。左の写真右側より

NPO法人地域サポートわかさ 早川 忠光 理事長

那覇市立若狭小学校 渡辺 英二 校長

若狭小学校PTA 福原 綾子 会長


 中央下の写真右側より

那覇中学校区青少年健全育成協議会 平尾 英二 会長

NPO那覇西地域交流ネットワーク協議会 吉川 盛之 理事長

若狭2丁目自治会 上原 廣保 会長


 左の写真右側より

ナハ・シー・パラダイス共同企業体/うみそら公園管理事務所 丸岡 未 様

マックスバリュー若狭店 知念 究 店長

若狭小学校区まちづくり協議会 糸数 武 会長

コーディネーター 宮城 潤 館長

 となっております。



 平成29年度はNPO法人地域サポートわかさ設立から10年の節目にあたります。

 この10年で地域がどのように変化したのか、今まで関わりの薄かった方へも分かる様にこれまでの状況を確認してもらいます。

「若狭小学校区の概況と10年間の変遷」を聞いています

会場は真剣そのもの
変遷を聞いて笑顔をみせるかたも

 10年前~現在までの状況を知ってもらって、今後どのような地域にしていきたいか10年後の姿をイメージしてもらい、話し合いをしてもらいました。

 ワークショップの様子。
 
3~4人1組に分かれて具体的な提案や、お互いに出来ることの話し合い。

 各人それぞれの考えを話し、笑顔も見せつつ話は盛り上がっていきます。

自分の考えを伝える

年齢は関係なく

他の人の意見を聞いてみる

女性グループ




それから、グループで話し合ってもらった内容を発表して、皆と共有してもらいました。
「あんな意見が出ました・・」

「こんな意見が出ました・・」

「色々な意見が出ました・・」

 共有出来た情報、意見、提案、取り組み等。一部抜粋。(順不同)

・観光客にも分かる様に避難先の看板を作る。(例:津波非難ビルはこちら)
・子ども会を作って親同士のつながりをつくる。
・粘り強く何回も声掛けすることが大事。

・アパートが建ってきて、若者が少しずつ増えてきている(前島)
・3世代交流があった(若狭2丁目)
・年1回遠足(若狭めおと)

・外国人との交流の場を設ける(祭りなど)
・津波の被害を見える化(津波の高さとか)
・SNSを活用して若者を巻き込む

・若い人が自治会に入らない。
・年齢体力に応じた役割分担。
・自治会費を集めるのがつらい。
・内地の視察観光。
・東北の津波の高さをビルなどに表示して危機感を持ってもらう。
・親同居なら自治会入るが、単身は入らない。
・高齢世帯多い。若い人はコミュニケーションを取りたがらない。
・結婚して子どもをもつ位の年代の声を聞きたい。
・会って直にコミュニケーションが苦手ならSNS等アプリを使うのはどうか。

・ゆいメール。
・てんぴ町「おやじの会」
・若い人をどう自治会に加入させるか。(イベント、SNS、LINE、動画)

・外国人→安い住居。自転車。家の中のぞく。
・自分で自分の身を守る。
・避難場所を広く知らせる、分かるようにする。
・外国人への対応、英語等の避難場所を明確にする。
・朝の挨拶活動、子ども達の意識は高い。
・公共の場に屋根付きベンチが欲しい。
・子どもが隠れてしまう木々があったら伐採している。
・普段からのコミュニケーションをとる。声掛け、あいさつ。


 円卓会議からグループワークを通して、他地域の取り組み、団体の取り組み、参加者一人ひとりの考え。小さなことから大きなことまで、本当に沢山の情報を共有することが出来ました。

 他の団体・個人の考えや取り組みを聞くことで、参加者皆さんが地域との一体感を感じ、参加する前とは違った、ひらけた意識で地域を見ることが出来るようになってくれたら嬉しいです。


地域のことで一通り悩んで、考え終わったら。「ヨシ!公民館に行こう!」
あなたは一人じゃない、みんなもいますよ~。




編集後記: 有り難いことに沢山の方に来ていただき、配布資料が足りませんでした。ごめんなさいm(--)m 後日、不足した人数分資料印刷したので、欲しい方はスタッフまで一声掛けてください☆
笑顔が素敵なスタッフ3人
与儀

2017年4月24日月曜日

休講のお知らせ【ELIPO(無料英会話教室)】

 4月29日(土)は休館日(昭和の日)となるため、ELIPOは休講いたします。


☆先日の講座の様子を少しご紹介します☆

先日、低学年クラスを見学したのですが、とっても楽しそうでした♪

「スーパーマーケットに野菜とフルーツを買いにいこう!」 というテーマでのワーク。
いろいろな野菜とフルーツの名前を英語で覚えて、ネイティヴの先生がだす絵カードを見てどんどん答えていく!盛り上がってとても楽しそうでした♪

後半はアルファベットのカード並べで大文字小文字を覚えていきます。
「R」のカードには動物のサイの絵。
サイは英語で…
わかりますか?笑

私も知らなかったのですが、子どもたちはすんなり「Rhino!」と即答!
本当は 「Rhinocerotidae」というそうなのですが、日常会話では略して「Rhino」と言うのだそうです。
アルファベットの並びも完璧で、カードに描かれている動物やフルーツもバッチリ!

とても楽しそうに学んでいる(遊んでいる?笑)子どもたち。
いい時間だなーと思いました♪

次回は休館日のためお休みですが、5月からは開講しますので、参加希望や見学希望の方はお気軽にお問い合わせください☆

私も次は高学年〜中学生クラスに行ってみたいと思います!

2017年4月4日火曜日

ELIPO(無料英会話教室)開講します!

春。新年度が始まりましたね!
新しい環境やメンバーなど、たくさんの素敵な出逢いがあることを期待して、今年度も充実した1年にしていきましょう!
そして、今年度も那覇市若狭公民館をどうぞよろしくお願いいたします。

当館も新メンバーを迎え、2017年度がスタートしました!
改めてご紹介しますのでお楽しみに♪


さてさて、今年度最初のご案内です。

若狭公民館を会場として行われている児童・生徒向けの無料英会話教室ELIPO(エリポ)が今年度も開催されます。

主催はNPO法人ELIPOで、共催として若狭公民館も関わらせていただいてます。
毎週土曜日の午前中に開催していますので、ぜひ一度お越しください♪


******

【教科】基礎英会話
【対象】5〜14才
【場所】若狭公民館 第2研修室
【期間】4月1日〜6月24日(毎週土曜日)
【日時】毎週土曜日 
    10:00〜10:50(5〜8才)
    11:00〜11:50(9〜14才)
【参加費】無料


☆よくある質問☆
 Q.ELIPOって何?
 A.English Language Immersion Program in Okinawa の頭文字をとり、ELIPO(エリポ)と呼びます。就学援助児童・ひとり親児童・生活保護世帯児童を対象に無料の英会話授業を提供する NPO法人です。

Q.無料って怪しくない?
A.物品販売、勧誘などの商行為、政治・宗教・思想団体などのデモンストレーション・勧誘行為は一切ございません。若狭公民館のご協力の元やらせてもらっています。

Q.誰が教えているの?
A.アメリカ人のレスリー先生が主に教えています。先生は日本語があまりできませんので、ELIPOの授業はすべて英語で行われます。子どもたちのリスニング力が養われます。

Q.申し込みが遅れちゃったみたい?
A.期間内であればいつでも参加できます。

Q.もっと詳しく知りたい
A.メール、LINEでお問い合わせができます。
   《 email 》info@elipojapan.org
         《 LINE ID 》elipo.japan






2017年3月30日木曜日

みなとまち歴史散歩 レポート

若狭周辺は、歴史的な見どころが満載。歴史に関心の高い方も多く、ニーズもあるので過去にも歴史講座は度々行ってきました。
今回は「泊・前島」「波上・辻」「久米・西町・東町」「若狭・松山」と4つの地区に分け、それぞれの回ごとに異なる講師の方をお迎えし、非常に内容の濃いお話しを伺うことができました。

最初の「泊・前島今昔物語」は島袋文雄先生をお招きし講話をして頂きました。
島袋先生は前島で生まれ育ち、戦前の「那覇」のことをとても良く記憶されています。
冗談も交えながらご自身の幼少の頃の思い出や町の変遷についてお話しをして下さり、和やかな雰囲気の楽しい講演会になりました。

しかし、あろうことかこの日の写真のデータをすべて消してしまい、写真を掲載できません。申し訳ありません!!

2日目『神様!仏様!オーマイゴッド!!〜波上・辻を歩く〜』の回には講師に那覇市中央公民館の古塚館長をお迎えしました。
この日は最初に波上神宮の参集殿で講義を聞きました。


ちょっと前にブラタモリの沖縄の回でタモリさんを案内していた古塚館長。みんなが聞きたい、ブラタモリの収録の裏側の話もしてくださいました。
また、巡見では、特別に波上神宮の裏側の聖域にも入らせて頂きました!
そのほか、唐守森など志良堂御嶽などをまわり、参加者の皆さんは古塚館長の豊富な知識と話の面白さに、夢中になって話を聞いている様子でした!



そして、3回目は久米・西町・東町の巡見をしました。
講師には沖縄県立博物館・美術館の館長、田名真之さんを迎えました。
西町・東町はブラタモでも取り上げられた、オールド那覇(旧那覇)の原点。
そして、久米も琉球王朝時代から中国などとの外交や、学問や文化の振興を支えた重要な場所。それだけに史跡や旧跡なども多く、見所が満載でした。
みなさんが目を輝かせながら話に聞き入り、たくさん質問も出ていました。
話を聞いてみると景色も違って見えてくことを感じました。



最後、第4回目は那覇市歴史博物館の外間さんにお越しいただき、若狭・松山を巡りました。若狭・松山も多くの史跡・旧跡があり、今までにも地域の歴史を勉強されていたような方でもはじめて知ったという場所があったようでした。
また、知っている場所でもはじめて聞くエピソードがあったりと、知らないことが多いと感じた、もっと勉強したいという感想も多く寄せられました。



この4回の講座を通して、町はもともとあったもののように思っていましたが、できていくものなんだなということを感じました。今でも変わり続けるこの地域の現在と過去を知り、より良い未来につなげていくことができたらと思います。(真)


2017年3月28日火曜日

若狭町ゆんたく会 レポート

2月から始まった「若狭町ゆんたく会」は、地域の皆さんが若狭町の今昔について語り合う会です。講師に以前、若狭公民館の社会教育指導員をされていた島袋文雄先生をお迎えし、先生の提供してくださった資料を見ながら、みなで自由におしゃべりしています。

 

参加者は60代〜80代の方で、地域で生まれ育った方がほとんどです。
それだけに、「若狭1丁目のあたりに飴屋さんがあった。おじさんが飴を柱に打ち付けて作っていたな〜。」とか「夫婦岩のあたりが埋め立てられたのは高校生くらいの頃だった。」など、昔の地域の様子が身近に感じられる日常のエピソードが聞けるところがとても楽しいです。


昔食べたという食べ物の話で盛り上がることも多く、先日「あまがし」の話になった際、これはチャンスだと思い、次のお茶菓子はあまがしにしましょう!と提案してみたところ、参加者の方から前日に教えてもらえることになりました。



もちろん、ネットで検索すれば作り方はでてきますが、指導してもらいながら、なんとなくのさじ加減で足したり減らしたり、隣で注意事項をきいたりしたことは、秘伝を受け継いだような貴重な体験でした。そこにはネット情報やレシピ本で得られないことが含まれていたと思います。

ゆんたく会の当日、皆さんにお出しすると、懐かしい味に皆さんとても喜んでくださり、教えてくださった方ももっといろんな料理を教えてあげたいと言ってくださいました。(ちなみに、料理中と出来上がりの写真は作るのと食べるのに夢中になり、撮り忘れてしまいました…。)

また、戦争中の話がでることもあります。
講師の島袋文雄先生は、戦争中の爆撃でお母様とおじいさまを亡くされ、ご本人も右腕に砲弾が入り負傷し、アメリカの野戦病院で手当てを受けたそうです。
当時、沖縄にはなかった麻酔薬のせいで、眠っているのを死んでいると間違われ、あやうく埋められるところであったという話など、体験されたご本人から伺うと、当時の様々なことが現実感を帯びて伝わってきます。

しかし、こうおっしゃっていました。
「本当は当時のことはあまりにも悲惨で、思い出したくも語りたくもない。でも最近になって、伝えていかないと若い人たちは戦争の怖さをわからないから、語らなければと思っている。だけど、結局話しても悲惨さがこどもたちに伝わらない。またか、と言われる。とても虚しく感じる。」

身を切られるような思いをして語ったことが聞いてもらえていないと感じたら、だんだん語るのはいやになってしまうはずです。こどもたちだけでなく戦争を経験していない世代にとって、「戦争の話」は積極的に聞きたい話ではないかもしれませんが、なぜ語ろうとしているのかという部分から知っていくことの必要性を感じます。

戦前、戦中、戦後を過ごした皆さんの話を聞いたり写真を見ていると、ほんの数十年間のこととは思えないくらい、生活環境が大きく変わっています。
どなたかが、「こどもたちは当時のことを聞いても、想像できないんじゃないかな?こどもたちからみたら、島袋先生は宇宙人くらい違う人間に思うかも。」
と言っていましたが、ここでみなさんから直接話を聞くまで、私自身も、もっともっと大昔の話として戦前〜戦後すぐの話を聞いていたことに気付きました。
子育て世代やこどもたちにも、直に聞いて欲しいことがたくさんあるなと、このゆんたく会で感じています。(真)


2017年3月22日水曜日

第22回「ナイトウォーク」レポート!

32キロの道のりを一晩かけて歩く「ナイトウォーク」が今年も開催されました!
上山中学校と那覇中学校の生徒を対象として行っていて、今年は3月18日(土)夜から19日(日)朝にかけて実施しました



今年で22回目の開催になります。実に20年以上続いている事業で中学生の時に参加した生徒が大人になり今度はスタッフとして関わったりとナイトウォークの歴史の長さを感じます。
32キロを歩く道のりは毎回様々なドラマ(今回も色々ありました・・)が生まれます。


開催に向けて、事前にスタッフ会議やオリエンテーションを行いました。
今回初参加のスタッフの方が多かったのでコースの下見や確認事項などよく話し合い、
またオリエンテーションでは当日の注意事項などを参加生徒に話をしました!
                 
スタッフ会議
オリエンテーション
本番当日もスタッフは早めに集合し、直前の打ち合わせをしました。
必要備品の確認やコース・注意すべき点などみんなで再度チェックしました。


19時過ぎには続々と生徒達も公民館へやってきます。受付を済ませ、3階ホールに各チーム揃いました。
若狭公民館宮城館長の挨拶から「ナイトウォーク 結団式」が始まりました。




 開始直前、生徒からやる気がひしひしと伝わってきます!!

スタッフ紹介をして、スタッフ・生徒が皆で一丸となって達成できるよう士気を高めました!
各チームにそれぞれ一緒に歩くスタッフがついて生徒と共に32キロを歩きます。
他にも具合が悪くなったり怪我をした場合の救護班、交差点などで生徒を安全に誘導する安全指導班、ゴールした後の朝ごはんを用意してくれる炊事班など多くのスタッフのご協力の元、ナイトウォークは実施できています。


今回、生徒とスタッフの気持ちを一つにするため、ちょっとしたアイスブレークを行いました!
最初は緊張した面持ちの生徒・スタッフもアイスブレークを通してホールに笑い声が飛び交い和やかな雰囲気に。
生徒とスタッフの距離がグッと近くなったように思います!





心がほぐれたところで次に体をほぐします!ストレッチのご指導していただくのは「ミスター・ナイトウォーク」、堀川恭登先生。元気たっぷりの指導の元、ストレッチ開始です!





今回参加生徒には「ひやみかちなはウォーク」の缶バッジがプレゼントされました!
テンションもより一層高まります!


NPO法人地域サポートわかさ早川忠光理事長より出発の挨拶をいただき、いよいよ出発です!!






地域の方々も出発の応援に駆けつけてくださいました!これから生徒・スタッフ一同完歩目指していってきます~!



寒くもなく心地よい天候の中、スタート。
一つ目の休憩地点の「スカイレーン」にむけて生徒達も元気よく歩いていきます。






11時前に先頭グループが第一チェックポイントのスカイレーンに到着した頃、ぽつぽつと雨が降り始めました。
雨具を忘れた生徒にカッパを配布してそろそろ出発!というと時に雨足が強くなり、しばらく待機することに・・・。




ようやく雨が小降りになったのでスカイレーンを出発します。
すでに予定時間を1時間近く遅れてしまいました。。


瀬長島から豊見城を抜けて西崎運動公園で夜食タイムです!
雨がやまないので急遽場所を変更しました。ハンバーガーを食べて一休み。
雨が降ろうが生徒達はとても元気!


生徒が休憩してる間に、スタッフは集合してここまでの報告事項やこの先のコースを確認しました。
雨も少し止んできたのでいざ出発!




雨に濡れると体力も奪われます。生徒同士やスタッフが声かけをして励ましていました。

名嘉地交差点を抜け、上間でおやつ休憩。休憩地点に着くと雨が止み、出発するとまた降り出して・・の繰り返し。天気に振り回されました。泣




金城ダムに向かうまでの上り坂、疲れも眠気もピークの中でこの上り坂はかなりキツイんです。。
生徒も必死になって歩き切りました!
   
首里坂下〜松川、泊を抜けるとゴールまであともう少し!!
既に空は明るくなってきています。残された気力を振り絞り、若狭公民館へゴール!!







雨の影響で1時間以上遅れていたにも関わらず、先頭グループの到着タイムは例年と30分程しか変わりませんでした。最後の追い上げに驚きです!!




完歩したあとは、スタッフ特製うどんといなり寿司をいただきます!雨で冷えた体が芯から温まります~!




長かった「ナイトウォーク」もいよいよ終了です。解団式で全員に完歩賞の授与を行いました。
今回のナイトウォークは雨に振り回されましたが、それでもめげずに完歩する生徒が大勢いたことに関心しました。今回も怪我や事故もなく、安全に進行・やり遂げることが出来たのは、ご協力していただいた大人のスタッフの皆様のおかげです。
改めて感謝申し上げます。

さて、来年もナイトウォークは行う予定です!
今回参加した生徒にもぜひ次回も参加してもらいたいと思います。
また、子どもたちと感動を共に味わってくださる大人スタッフも募集いたしますのでどうぞよろしくお願いします



では、また来年!!
(小)